喫煙室、7月1日から廃止 屋外に喫煙所を新たに設置、3年後に全面禁煙も検討

朝日モーニング
Pocket

本学は7月1日から、施設内の喫煙室を廃止し、屋外に新たに喫煙所を設ける。また、3年後の2022年7月には屋外含め全面禁煙とする方向で検討している。

今回の喫煙室廃止は、改正健康増進法が同日より一部施行されることに伴う措置。同法では学校や病院などで、受動喫煙を防ぐ措置が取られた屋外の喫煙所を除き敷地内禁煙とすることを定めている。

本学では①大学事務局2、3号館の間②中央キャンパス総合研究棟2号館付近③高等教育推進機構(教養棟)大講堂北側④創成科学研究棟3号館付近――の4カ所に新たに「特定屋外喫煙所」を全学的に設けるほか、各部局から要請があった場合にも設置する。

22年7月からは屋外含め全面禁煙とする方向で検討しているが、「その時の状況をみて(屋外の喫煙所の廃止を)判断する」(本学総務企画部人事課)という。