体育会男子ソフトボール部【部活・サークル紹介拡大編】

朝日モーニング
Pocket

集合写真(同部提供)

「全国大学ソフトボール選手権東北・北海道予選」(インカレ予選)優勝に向けて、日々熱心な練習に励んでいる男子ソフトボール部。練習場には、気合の入った掛け声が響き渡り、部員の熱意がひしひしと伝わってくる。

全体練習は、夏シーズンは本学B球場で週4回、冬シーズンは体育館にて週2回行われており、ミーティングはどちらのシーズンも毎週実施している。ただし、個人練習は毎日開かれているので、主体的に練習に取り組むことができる。

同部では、部員の自主性を最大限尊重している。選手で練習メニューを組んだり、ミーティングで活動内容について話し合ったりして、何もかもを部員の手で作り上げている。高校までは監督に従うことが当たり前だったが、大学からは自主性を持って活動できるので、そこにやりがいを感じながら選手は練習に励んでいる。

新入生に対しては「未経験者もいるので、ぜひ気軽に入ってほしい」と部員の河合諒也さんは語った。