情報拠点、道半ば。−北海道大学新聞編集部新歓特設ページ2019

朝日モーニング
Pocket

<最新情報>

今年度の春の新歓は終了しました。多数のご参加ありがとうございました。


<PR・関連動画>

・全体PR

・記事ができるまで(近日公開予定)

・ゆきんこ、超重大会議にお呼ばれされる(ゆきんこチャンネル。制作 ※2018年12月号の特集企画の模様、肩書きは当時のものです)

 

<北大新聞で活動する「おトク」なポイント>

 学内での大きなイベントや最新の話題などを、マスメディアと同じスタイルで取材します。報道陣の一員として取材に参加することも。ドキドキ・ワクワク・達成感が止まりません!
 著名な卒業生や教職員にも取材するチャンスが多数。誰もが一度は会ってみたい大物から話が聞けるかも⁉︎
 北大新聞は昨年4月に復刊を果たして以来、2年目。「まだまだやれることはたくさんある!」と編集部一同は異口同音に言います。
 活動の場は取材・編集に限られません。他の学生団体や企業とタッグを組むことも!北大新聞の新たな”1ページ”に、あなたの感性やアイデアを輝かせてみませんか?
 新聞=文章を書く、それだけではありません!取材で情報を引き出すコミュニケーション、感動を伝える写真撮影、紙面に命を吹き込む編集作業…
 北大新聞を作り上げる様々な技術やスキルは、きっとあなたの可能性も高めてくれるでしょう。会議は通常週1回、取材などは学業との兼ね合いを考えてペースを配分します。
※現役メンバーの大半は全く経験のない状態からのスタートです。

 

 

<PRポスター ※PDFファイルが開きます

2019shinkan_1 / 2019shinkan_2