【受験特集:どんな道でも、道は道】第5回(4) おもろい成川は、どこにいてもおもろい成川や

Pocket

最後に 「おもろい成川はどこにいてもおもろい成川や」

「京大受験に失敗するという経験ができたおかげで、北大に来れたとも言えるかもしれない」。順当に京大に行けるはずだという期待は、実際には外れてしまった。だが、それは残念なことでしかなかったのだろうか?むしろ、ストレートに志望校合格という目標を達成するよりも、多くの選択肢があると気づき、考えるきっかけになったのだ。「(受験に失敗したことで、自分は京大に余裕で合格したと考えるような)傲慢さがないというのはある。京大一本や北大一本だけで考えるよりも良かった」楽ではなかった自分の受験生活について、「『もともとポテンシャルの高い自分が、一年間猛勉強したら順当に京大に受かりました』のような“美談”にならなくてよかった」と話した。

「失敗したからこそ、道を振り返るタイミングができた」成川さんはそう述べた。「できるだけ道草を楽しむ。各“道草”を極めてから次に進んだらいい」受験の為に浪人という選択をした成川さんにとって、合格するために受験科目のすべてを極めることは決して無駄なことではなかった。

北大進学にあたり、高校時代の友人に次のような言葉をもらった。「おもろい成川は、京大にいようが北大にいようが、どこにいてもおもろい成川や」英語ディベート部を創設するなど、自主的に活動できる成川さんの強みはどこでも発揮できる。そう励ましてくれた。

最後に成川さんからの言葉で、今回の特集を締めくくりたいと思う。「エールなんて送れないけれど、もし劣等感を抱くような機会があればそれを理解してくれる仲間に出会いましょう。共有できる人は必ずいるはずだし、そうして高めあってください。北大はいいところだから。もし困ったら僕のところを訪ねに来てください。北大の中で、必ず会えます」

あとがきにかえて

「『滑り止め』の大学に進学したけど、それなりに楽しく大学生活を送っている」というような話は実はよくある。でもそんな美談で片付けられるほど、本人にとって受験は簡単な出来事ではない。北大だからできたことも多くあると同時に、北大だからできないことも実際にはある。

しかし、「北大だから」できないことを嘆く以前に、「北大だから」できることを最大限やる。その際に、周りに生えている色んな道草を楽しめばいい。コンプレックスが完全には消えたわけでは無くとも、日々をより良いものにしていけるのではないか。取材を通して記者自身もそう気づかされた。

(取材・執筆:高野)