本学構内のマラソンコースを札幌市が補修 ―東京五輪、費用は北大の施設整備費から 「市のクオリティと同じレベルで」

本学構内のマラソンコースを札幌市が補修 ―東京五輪、費用は北大の施設整備費から 「市のクオリティと同じレベルで」

朝日モーニング
Pocket

メインストリート(2019年8月撮影)

8月に行われる東京五輪のマラソンに向け、本学構内の道路補修を札幌市が行う方向で調整が進められている。本学構内は北キャンパスエリアやメインストリートなど約2キロメートルがコースに含まれており、本学が施設整備費から費用を出す方向だ。今後、市と具体的な工事内容について検討を進め、市が実施する場合は3月から5月の間で行う。

工事の時間帯や、補修を部分的に施すか全面に施すかなども今後、検討する。工法は一度道路表面を削って、その上から舗装する「オーバーレイ工法」を考えているという。

市によると、一般的にこの工法で一般道路を補修する場合、1平方メートルあたり、5~6千円かかる。本学のメインストリートだと、幅8メートルで全長1.2キロメートルある。このため、仮に全面補修の場合で単純計算すると、数千万円規模だが、舗装の厚さなどにも左右される。費用は市が現在積算を進めており、本学の施設整備費から賄う方向だという。

札幌市でのマラソン開催が決まった後から、本学施設部が課題の洗い出しをはじめ、そのうちの一つに道路補修があった。本学には大規模な補修の実績がなく、「市のクオリティと同じレベルで」(施設部)と考え、昨年末に市へ相談したという。まだ市に正式に委託はしておらず、実際に委託する場合は3月に工事を開始し5月に終える見通し。

マラソン競技では、選手が速いスピードで走るため、道路に亀裂があると捻挫などケガに繋がる恐れがあるとされる。

本学施設部によると、道路の補修は毎年行っているという。