戦前の北大生の生活を知る―文書館特別展示

Pocket

本学大学文書館(文書館)では北大祭期間限定の特別展示が行われた。企画名は「北大生の御用達! 新聞広告あれこれ 1926-1945」。文書館では本紙の前身である北海道帝国大学新聞を所蔵しており、その中の広告を抜き出すと戦前の学生生活が分かるのではないかと考え企画したという。

展示されている新聞広告は、本学付近の書店や札幌駅周辺の百貨店、狸小路の飲食店のものなどと多岐にわたる。広告が展示されている店舗の中には、現在でも残っているものも含まれていた。新聞広告のほかにも本学付近の飲食店で撮影された学生の集合写真や、恵迪寮生の領収書などが展示されており、複数の資料から当時の北大生の生活をうかがえる展示となっていた。

札幌三越の開店を知らせる広告
本紙前身の「北海道帝国大学新聞」第1号
当時の学生らの写真

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください