北大で実地検証 大会組織委 —東京五輪マラソン

北大で実地検証 大会組織委 —東京五輪マラソン

朝日モーニング
Pocket

北大構内のマラソンコースで実地検証した(9日午前5時半ごろ、高等教育推進機構付近)

延期された東京五輪のマラソン・競歩を1年後に控え、大会組織委員会は6~9日、札幌市で実地検証を行った。キャンパス内の約1キロがマラソンコースに含まれる本学でも大会組織委のほか、北海道や札幌市などの担当者らがコースを見て回った。

最終日の9日早朝、会場運営の班の9人が南門から本学構内に入り、コースに沿って建物や周辺環境などを確認した。「北海道マラソン」も参考にしつつ、観客の動線などを確かめていた。

構内では別の班が気温なども調べていたという。

大会組織委の担当者は、大会時に自転車移動などをお願いすることがあるとして、「ご迷惑をおかけしますが、ご協力いただきたい」と話した。

南門の幅を測る担当者ら(9日午前5時ごろ)
地図などの資料を手にコースを見て回っていた(9日午前5時10分ごろ、総合博物館付近)