朝日モーニング

【どうする? キャリア(就職特集)・企業インタビュー】挑戦する力求む JR北海道総務部 幸元洋征さん

Pocket

JR北海道は道民の足を守る主要なインフラ企業だ。そこでは安全意識はもちろん、様々なことに挑戦する力も求められるという。同社総務部採用グループの幸元洋征さんに求められる学生像や北大生の印象などを聞いた。

幸元洋征さん(写真撮影時のみマスクを外し対応)

――採用したい学生像を教えてください。

北海道に貢献したい、何か関わりを持ちたいという、強い思いを持った方を採用したいと思っています。さらに、鉄道で一番大切なことは安全ですので、お客様の命・社員の命をしっかり守っていくという意志を持っている方、規律やルールなど守るべきものはしっかり守っていくという強い意思を持っている方を採用したいです。

それから、やはり当社も厳しい状況ですが、北海道の環境もどんどん変わっています。鉄道は変わらないというイメージがあるかもしれませんが、そういった環境の変化に対応していける能力も、ぜひ持っていただければと思います。

――実際に入社されるのは道内の方が多いのでしょうか。

いいえ、(道外の人は)たくさんいらっしゃいます。当社は大学生から高校生まで幅広く採用していますが、ここ数年は半分くらいが道外出身の方です。

――入社前に備えておくべきスキルなどはありますか。

当社の場合は入社後、大学生の方も、高校生の方も皆さん鉄道の仕事にまずは従事していただきます。ですが、鉄道の仕事に従事するためのスキルは入社してから、ゼロから教育を行い、色々な経験を積んでいただくという仕組みを整えていますので、それに対してはまったく心配はいりません。

ですが当社は、鉄道はもちろん、色々な事業(まちづくりなど)を営んでいますので、入社してから様々な仕事に携わる可能性があります。ですので、そういう新しい仕事に対して、チャレンジしていく能力や、興味を高めていただきたいと思っています。特に大学では、そのようなチャレンジする機会がたくさんあると思います。

――今の北大生に対するイメージは。

私も北大出身ですが、本当にバラエティー豊かな人材がいるというイメージがあります。それから何よりも、それぞれで志を持って入学され、色々なことにチャレンジしている方が多いなと、魅力的に感じています。

――今の学生に足りないと感じる点はありますか。

早くから進路を狭めている方が多いなと思います。志望される企業や、業界というのを強く持っているのは素晴らしいことだとは思うのですが、最初は視野を広く持った方が、ご自身の納得できる選択をできるのではないかと考えています。

 ――JR北海道で得られる経験やスキルは何ですか。

当社は北海道の会社ですので、色々な仕事を通じて北海道に貢献できるというのが、メリットだと思います。それから、チームワークでのやりがいですね。チームマネジメントや、コミュニケーションを求められますし、それが高められるのもあると思います。あとは、様々な事業を行っていますので、一つの会社にいながら全く違う仕事にチャレンジできるというのもあります。

――幸元さん自身が北海道に貢献できたと実感した場面は。

車掌をしていた時に、「快速エアポート」に乗務していました。その時女性3人くらいのお客様が外を見ながら凄く楽しそうにお話をされていました。車掌としては普段の何気ない景色ですが、お客様にとっては一生に一度の北海道旅行だったかもしれません。そのような機会に関われるということにやりがいや大切さを感じました。また、北海道新幹線の開業準備にも携わっていました。北海道にとって一回しかないことに関われたことも良かったなと思います。

――これから就活に臨む北大生にメッセージをお願いします。

私も北大の中で色々なことを経験しましたし、失敗もしました。様々なことへのチャレンジなどを通じて成長できる機会が、北海道大学には本当に豊かにあると思います。就職活動も一つのチャレンジする機会です。本当に大変だと思いますが、たくさんの会社を見たり聞いたりできる機会は一生に一度しか無いので、前向きに考えて、挑戦していただければと思います。

朝日モーニング