下水からコロナ対策 研究大きく進展、可能性広がる  ー北大工学研究院 北島正章准教授

昨年3月から始まった下水中の新型コロナウイルスに関する研究は、最近大きな進展を見せている。研究を行っている本学工学研究院の北島正章准教授は本紙の取材に応じ、2つの成果と進行中の取り組み、今後の展望について語った。 濃縮法 … Read More

下水からコロナ流行の兆候をつかむ  ―工学研究院 北島正章助教【北大のコロナ研究】

北島正章助教は、下水中の新型コロナウイルスを検査する手法とその活用について研究を行っている。北島助教の専門は環境ウイルス学で、下水などの水の中のウイルス、特にノロウイルスなどの腸管系ウイルスの検出や検出法、そしてそのデー … Read More

オンライン授業 どう感じる? ―新入生7人がセミナーで発表

本学高等教育研修センターは7月16日、「学生はオンライン授業をどう受け止めているか?」と題し、新入生を発表者としたオンラインセミナーを開催した。本セミナーは9日に続き2回目。教育関係者向けに開催され、本学教職員のほか学外 … Read More

外出自粛中の健康悪化4割 一方改善1割も ―北大新聞独自アンケート③

新型コロナの影響によるオンライン授業や課外活動の制限で、北大生の生活は大きく変化した。本学教育学研究院の山仲勇二郎准教授の監修のもと、北大新聞のアンケートでは、外出自粛による生活リズムの変化などについても調査を実施。山仲 … Read More