朝日モーニング

北大、今年度中はレベル2維持へ —新型コロナの行動指針

Pocket

本学は30日、新型コロナウイルスに関する行動指針(BCP)について、現状のレベル2を今年度中は原則維持するとの方針を示した。急なレベルの切り替えが各学部などの負担となっており、当面の見通しを示したという。

30日の新型コロナ感染症対策本部(本部長=宝金清博総長)の会議で決定した。北海道の集中対策期間が12月11日まで延長されたことや本学の感染状況を踏まえ維持することを決めた。レベル2は北海道の対応や学内の感染状況が基準だが、道が警戒ステージを下げたとしても「学内の感染状況はある期間だけ見ても判断が難しいので中長期的に判断しないといけない」(担当者)という。これまで北海道の対応に連動してレベルを切り替えていたが、事前の準備や対応をできず各学部などが苦慮しており「レベルの見直し時期を想定してアナウンスするのが良い」との意見が出ていた。

担当者は「引き上げは迅速に、引き下げは慎重に行う」と話した。レベル2の中で運用の詳細を微調整する可能性はあるという。

本学の感染者は11月で21人(11月30日午後4時時点)確認されている。

朝日モーニング