【受験特集:どんな道でも、道は道】第1回(3) 進学か就職か、出した答えは「北大へ」 野中直樹さん(理学部3年)

Pocket

「大学には、いろんな人がいる」そんな言葉は、誰しも一度は耳にしたことがあるだろう。だが、私たちはまだ「いろんな北大生」が北大生になった時の話を知らない。聞けそうで聞けない、在りし日のそんな話を取り上げるのが今回の特集「どんな道でも、道は道」だ。はたから見れば小さな、でもそばにいれば大きな選択にじっと耳を傾ければ、等身大の北大生が見えてくる。

「どんな道でも、道は道」特設ページはこちら

どんな道でも、道は道(仮)」第1回の主人公は、北大新聞の代表を2022年9月まで務めた理学部3年の野中直樹さん(23)=神奈川・県立厚木東高校卒業=だ。高校卒業後に就職した会社を辞めた後北大に来た、と語る「野中先輩」の過去は実は記者もよく知らなかったのだが、その体験は本特集の記念すべき初回を飾るにふさわしい。ゼロからはじめた逆転劇に、記者が迫った。(取材:田村)

野中直樹さん(撮影:佐藤)

好きだったあの子のために、北大受験へ

再び無職となった野中さんの心に火がついたのは、意外なところからだった。なんと、浪人中だった高校時代の同級生への好意から大学進学を決意したというのだ。
「やっぱり家でゴロゴロしてるだけだと将来性もないし、彼女にとっちゃあんまり魅力もないでしょ。高卒で就職してやりたい仕事もないし、せっかくだから受験でジャイアントキリングに成功してあの子をアッと言わせたかった」

 もちろん予備校に通う資金などあるはずもないが、働いて得た給料はほとんどが貯金に回っていた。参考書を買い揃えて一人で勉強するなら、十分な金額だ。どうせ頑張るなら夢のある志望校がいい、とインターネットで大学を調べて初めて「旧七帝大」の存在を知り、北海道での新たな生活に憧れて本学を志望校に定めたのが2018年の秋だった。

とはいえ、進学校の出身でもなければ予備校に通ったこともない野中さんには圧倒的に受験勉強のノウハウが不足している。高校時代の友人の中には親からの資金を使い予備校で浪人生活を送る者もいる一方、野中さんの受験は半年近くを費やし「受験の常識」を調べるところから始まった。
「勉強なんて1日2、3時間やればすごいと思ってたけど、受験生なら10時間やってもいいくらいだって知ったのはあの時だよ。スタートは、普通の受験生が聞いたら笑っちゃうような『勉強の勉強』からだった」

また、学力も圧倒的に不足していたことは言わずもがなだろう。高校の勉強なんて忘れちゃいますよね、と記者が笑うと、野中さんはもっと笑って「忘れる以前に、もともと大して覚えてないから」と切り返した。抜け落ちていた教科書レベルの知識事項を一つ一つ確認するところから、野中さんの受験は始まったのだ。

当然、このありようでは2019年1月のセンター試験に間に合うはずもない。北大への出願はした、と話す野中さんにとって、同年2月の二次試験本番は「1年前の下見」にしかならなかった。

だが、2年越しで受験をやりきる意志の固さを知った父親が、ここで野中さんに相当額の資金を提供した。「小学校からずっと公立だったってのもあるね」と野中さん。

ひょんなことから受験勉強を始めた野中さんは、一度は不合格となったもののその逆襲への布石を着々と打っていた。勝負の1年が、始まる。

続きはこちら